【衝撃】火垂るの墓 清太は生きていた!その後の人生に一同驚愕!物議を醸す“この映画”が伝えたかった事とは?

2109回再生 2021/5/31
0 0 保存 クレーム
  • 後で見る
X
  • 登録後に使用してください
X
  • フィードバック完成
広告
+ Expandir - Retirar
次はプレイ
ユーザーレビュー
  • しょう

    自分は清太を批判できません。確かに批判する人の考えも分かりますが、この先何が起こるかわからない状況で1人の妹のためにあそこまで守り続けたのは普通じゃできないことです。そう考えたら14歳であそこまで出来た清太を批判出来ません。あくまでも個人的な考えですが。

    + Expandir - Retirar
  • noolabehtotni

    自分の解釈です。清太さんは、大人の猫なで声や社交辞令を聞き分けていたと思われます。おばさんがお母さんの着物を売ったあたりから行動がおかしくなってます。 清太さんが働かないのは、もし空襲があったとき、おばさんは節子を守ってくれないという感じがするので、節子から離れられなかったんじゃないかと思うのです。 ちょっと買い物で離れただけで約束が破られるのですから、大人は信用できなかったでしょう。 小さい頃から観てきた作品ですが、当時から清太さんの応援団です。大人や他人様は冷たいのが世の中で、それは戦時中からあったことだけども、現代はもっと冷たいのでは?という問いかけがラストシーンだと思ってました。 乱筆失礼しました。

    + Expandir - Retirar
  • 横山幸子とくぅちゃんホッコリch

    たったまだ14歳だったのよ? 色んな批判や意見があるかもしれないけど、なら!あなただったら?って問いたいわね。 生きることに精一杯だったはずのまだ子供のセイタくん。4歳のチビちゃんを連れて、それでも必死に生きようとした…それだけでも偉いと思うわ!

    + Expandir - Retirar
  • Y K

    これで涙流したなぁ…清太が節子を焼くところ…

    + Expandir - Retirar
  • 辰巳唐沢

    当時の疎開先に選ばれるような農村は非常に地元意識が固く、いわば「疎開民=よそ者」でした。 現代でもそういう所が数多くあります。 「普段は近寄ろうともしないくせに、こんな時だけあてにしやがって」 という気持ちも当然ん疎開先の方々にもあったわけです。 「おばさんの嫌味がむかつく」という感想を持たれた方もいるようですが、いつまで面倒を見ていれば引き取りに来てくれるのかわからない子供たちを大事にしている余裕は、農家の方にもなかったのです。 しかし、闇市で売るコメを流して稼いでいるような輩も、当然いたわけですがね。 確かに働こうとしなかった清太も問題はあったでしょうが、日ごろからネチネチ嫌味を言われ続ければ、勝算はなくとも大事な妹と暮らしたいと思う気持ちも起こると思います。

    + Expandir - Retirar
  • maruまる

    誰が良い悪いなんて分からない。だからこそ監督は考え続けて欲しかったんでしょうね。議論が続いてることこそがこの作品の真の価値だと思います。

    + Expandir - Retirar
  • 龍紀之

    作者いわく、この作品は反戦とか誰かを責めるとかそういったものじゃなく、現代にも言えることだが、協調性とかそういったものを無視して身勝手に振る舞えばこういう結果になるぞ…ということらしい。実体験で酷いことをしてまだ赤ん坊の妹を死なせてしまった…清太みたいな妹想いの兄でありたかった…という贖罪を込めての作品とか

    + Expandir - Retirar
  • デュエリストライダー

    動画拝見させていただきました。自分は子供のころにこの映画をみて悲しんでいた時期がありました。しかし成人すること再びこの映画をみたとき清太の行動に腹をたてたことがありました。それはやはり節子のためにしていることが実は自分流で何でもかんでもやっていて結局は節子を死なせてしまう、そんな清太を最低で愚かな奴だと思っていました。動画でも書いてありましたが清太の周りには優しい大人だっていたんですよね。親戚のおばさんは正直ひどい人だとは思いますが農家のおじさんだってアドバイスをくれたのにそれを無駄にした行動に納得がいきませんでした。また戦時中とはいえ働かなかった、その上盗みはする、という行動は正直受け入れることができないものでした。ただ近年ネットなどでこの火垂るの墓についていろんな物議が醸し出されているのを知り改めてこの映画をもう一度見直しました。そこで分かったのは「もしかしたら自分も清太みたいな行動をとっていたかもしれない」ということを感じました。歴史の結末を知らずに生きていたら自分も「何でも自分でできる」「大人なんて頼らなくったって生きていける」とある意味では勘違いを起こしていたのではないかと現代で生きている人間の一人としてこの考えにいきつきました。しかし清太と節子がまだあの戦争の中にいて成仏できていないかと思うと辛いし悲しいです。

    + Expandir - Retirar
  • Twobeat Wcrossover

    大東亜戦争に関していえば、あのマッカーサーですら、のちに「日本の自衛のための戦争であった」と認めています。 また現代においては、反日基地外の北朝鮮が「日本列島を核爆弾で沈めてやる」と脅しをかけている状態です。 そんな中で、単純に「戦争はダメだ」と言っているだけでいいのでしょうか? 反日基地外の宮崎駿は、日本だけを敵視していますが、戦争を仕掛けてきているのは、北朝鮮であり中国です。反日基地外の宮崎駿がその北朝鮮や中国を非難したなんて、聞いたことがありません。 反日基地外で脳内お花畑で「戦争反対」だけじゃ、日本の国なんて守れないんですよ。

    + Expandir - Retirar
  • 天狗犬耳

    二人の死は清太が悪くない、全て戦争が悪いんだ

    + Expandir - Retirar
  • Rena

    そうですね!私も、色んな見方がある深い映画だと、しみじみ感じています。確かに成仏できていないのは、悲し過ぎますね。その悲しみをしっかりと受け止める事が、この映画のメッセージではないかとも思います。悲し過ぎます戦争は

    + Expandir - Retirar
  • 2chが語る 実際にあった愛ある話

    この作品を見て泣かなかった一人です……。泣かなかったというか、じーっと見てたら終わってました。 多分、小学校の時だと思いますが。……少数派かな。 個人的には戦争批判云々という前提で見たものの、途中から「どいつもこいつもわがままじゃん」とイライラしてました。 それは戦争を起こした国も、おばさんも、もちろん清太もその母も。 ただ、その中で唯一幼い節子だけは無垢で清らかな存在であったことは言うまでもありません。 そういう意味では、ピュアな節子を殺してしまった清太がその報いを受けるのは当然だと……。 でも、それが「冒頭シーン」でちゃんと「自分が死ぬ」という報いを受けることで解決しています。 煉獄のループと解釈すれば、ああ、すんなりと納得。幼い虚ろな節子を死をもって支えてあげるのだな、と。 ただ、子供で見たときの視点ではにはやはり、清太の気持ちでおばさんの行動にイライラするし、大人になって、そのおばさんの行動に理解ができ、むしろ、おばさんの気持ちになれば、清太がいかにわがままかもわかります。 高畑監督は某チャンネルで「100年後でも見返せる映画を作りたい」と言ってこの作品を作ったようですが、歳をとることによって全く見方が違っていく私に実は驚いていますw

    + Expandir - Retirar
  • まろ黒猫

    清太が自分勝手と批判する人が居るけど中2の子供が保育園児の妹のお世話をどこまでできるか考えると映画を見た当初(中学生)から清太を批判することはできなかった。映画を思い出すたび、戦争で真っ先に被害を受けるのは一般人だなと痛感します。

    + Expandir - Retirar
  • 横山幸子とくぅちゃんホッコリch

    現代の10代の子達に、清太と同じようなことができるか…私は甚だ疑問に思いますね。物が溢れ、食べることにも困らない、今を生きる子ども達には、当時の戦争という地獄の中に放り込まれたなら…どうでしょうね。

    + Expandir - Retirar
  • TOM CAT

    何を以てすれば彼らの囚われの魂を救い得るか?が肝要であり、現代人の生き様を問われているのではないだろうか。

    + Expandir - Retirar
  • 捨て猫の館

    最初、何言ってんだコイツって思ったけど、最後まで見た。 感心しましたよ。自分の拒絶反応は普通だったんだなと改めて思う。 もう一度、ちゃんと向き合ってみようかな・・・辛いけど。

    + Expandir - Retirar
  • imo taro

    高畑版でも兄が生き延びるやつ、ありましたよね。私の記憶違い? ちなみにこの原作は野坂さんの体験が下敷きになった、半ば自伝ですから、現実の兄はずっと生きて、結構な大学に入ったり、直木賞取ったり、サントリーのCMでたり、映画監督殴ったり、「はっぱふみふみ」なんて言ってる放送作家と友達になったり、新宿でタモリさんと酒飲んだりしてます。大変楽しそうな人生送っておられます。本当に良かった。 ご本人が何かの番組でこの映画について「こんな優しい兄じゃなかった。」とも。 原作の中で、妹が栄養失調でお尻の肉もなくなって肛門が見えるようになったという文章があったように記憶してますが、体験しているものだけが書ける文章だと思いました。 朝まで生テレビで「いったい誰がこの日本を攻めてくるというんだ?!(自衛隊も安保もいらないという主張の中での発言)」とどなったとき、なんてバカな人!と思いましたが、体験が言わせてるのであろうと、のちに理解しました。今はもう鬼籍に入っていらっしゃる野坂昭如先生、妹さんとお幸せに天界でお暮しください、合掌。

    + Expandir - Retirar
  • きm茅桃

    清太がしっかりしていれば死ななくてすんだみたいなこと書いてあったけど、しっかりしていたってこんな時代なんだもん。こんな時代の大人達だもん。どうしろというんだよ。清太はしっかりしてたと思う。しっかり妹のこと守ってたと思う。大人達が勝手しかも身勝手にに戦争を始めただけだ。なんの罪もない人たちを巻き込んだ。

    + Expandir - Retirar
  • 啄木杜鵑

    辛いけど、今のイエメンもシリアも同じだ。決して過去の話ではない。

    + Expandir - Retirar
  • 山れもん

    父が海軍幹部であれば妻と子を頼むと託す場合も多かったようで過酷な状況に置かれる可能性は少ない説もあるね。家を長期的に空ける仕事の関係上、親の死後については常日頃からわりと十分に保険かけてるそうで信憑性が高かったりする。

    + Expandir - Retirar
  • MrPcb2000

    見てて思ったのが今の若い奴はってよく言うけど、じゃあ昔の人はそんなに優しくて良い人だったのかよって思った、どう見ても自分勝手で相手のことなんか考えてるようにはみえなかったなぁ、倒れてても知らんぷりだったじゃないすか。

    + Expandir - Retirar
  • コーンスープ

    小学生が授業で戦争の事を習いますが、「火垂るの墓」を反戦映画として鑑賞し、戦争の悲惨さを感想文に書いてます。 私は反社会的に生きた主人公はすごいと思います。きっと、妹のせつこもそんなお兄ちゃんだから一緒にいたのではないかと思う。二人は戦争反対し、平和に暮らすことを選んだとのだと思う。そう思わないと悲し過ぎて二度と観られない話だと思う。

    + Expandir - Retirar
  • 首藤靖男

    清太は原作者や監督の心情そのもの。全体主義の恩恵の中でそれを否定して生きてきた人達の後ろめたさがある。しかし、その自分を否定できない意地っ張りな性格の歪さが吐露されている。生きていたら平凡な社会人になっていたであろう人物である。ごく普通の協調性の欠如が悲劇を生んだ。そして、戦争がなければ普通に生活できていたはずだという思いを込めている。

    + Expandir - Retirar
  • 筒井浩司

    この物語は、このままで良い。 悲しい物語だけど。 凄く大切なものを、教えて貰った。

    + Expandir - Retirar
  • アラフィフババア1

    私が子供の頃は、終戦記念日に戦後何周年みたいな番組が毎年、24時間テレビレベルでやってたなあ。

    + Expandir - Retirar
  • チョコじろうしまじろう

    私は、最初、この、火垂るの墓を見たときは、もう、最初から、最後まで涙が止まらない状態で、こんな、アニメがあるんだと、しりました。 受けて目方は、いろいろたあるけれど、今の人たちには、もっとみてほしいかな🤲

    + Expandir - Retirar
  • Yt8462719350Omega

    正直、終戦記念でほぼ毎年みて( ゚д゚)アキタヨ…っていう日本人は多い 悲しいかな、私の祖父は大和の乗組員だと聴いている、出来れば当時の話聴きたかったがね…

    + Expandir - Retirar
  • 神谷潤

    現代でも、清太と節子みたいな処遇な人たちはいますよね。 火垂るの墓をみて悲しんだ人が、今現在居る不幸な兄弟に手を差し伸べ同じ終わり方にならないようにしたい! こんな悲劇は色んな所でまだ続いているし、また始まる、、、、悲しい現代 それを清太と節子は思い神戸の街をみている。 どうにかなんない!

    + Expandir - Retirar
  • Dahlaljapan

    絶対観ない。中学生の時に読んだ野坂の原作とその後のエッセイだったか。。 「ぼくは火垂るの墓に出て来る兄ほどに可愛がればよかった。」やうるさく無くので揺すったら脳震盪起こした等で・・。 私の中の火垂るの墓は映画では無く野坂の小説だし、 ストーリも背中で恵子(野坂の実際の妹)がお腹を空かせて泣くのにこっそりとおむすびを口に運ぶ野坂になってしまった(多分そうじゃないのは分かるけど読み返す気にはなれない) 13~4歳だったから原作が衝撃過ぎたんだろうな。。

    + Expandir - Retirar
  • doom duuu

    今は平和だからいいけどもし自分が全く清太と同じ状況になれば今考えてることを行動に移せるかどうかは分からないけど少なからず同じ行動をとると思うな〜。この作品は上手く作られてるから裏の裏の裏くらいまで考えられるね👍🏾

    + Expandir - Retirar
  • はつしかげーむず

    節子の骨とかどうしたんだろ 続きを読む

    + Expandir - Retirar
  • みなもとさゆり

    清太の行動のことは本当に難しい問題だと思います。答えなんて出せないと思います。 同じような目にあって清太より「正しい」事をする人、「間違った」事をする人、どちらもいます。 清太は間違った。でもそれは現代であれば経験として身につくものです。時代が悪かったとも言える。だから私は清太を責められないです。

    + Expandir - Retirar
  • 中川美惠

    広島にピカドンを落とし方々や長崎にピカドン落とした国の人達に通訳ありで上映していただきたい蛍は亡くなられた戦士が蛍になって帰ってこられただと思いますね🌺キムジェウォンさんにも見て頂きたいですね!制圧してそんなに面白いですか?🌺自分がお亡くなりになったら反乱が起こると思いませんか?自分が兄の命を落としたようにビクビクして自分の子度にもかかわらず命を狙われる?🌺無いとは良い切れません寝皆さんを幸せにしていただきたい蛍のように🌺

    + Expandir - Retirar
  • pp gg

    清太見ててフランダースの犬のネロとイメージが重なる。

    + Expandir - Retirar
  • 金嶋沙希

    清太と節子が悪いんじゃなくて、戦争は絶対に起こってはならない出来事です‼私は戦後に生まれたんですが、アニメ版、ドラマ版の火垂るの墓を観て、戦争は起こってはならない、命、食べ物の大切さ、自分にとっての大切な物は何かを学びました。アニメ版、ドラマ版の火垂るの墓の劇中に、清太が節子の為に、食べ物を盗んだり、着物を盗む場面があって、その場面を見た人は、清太に対して批判の声が上がったと思います。万引き、人の物を盗むのは良くないですけど、戦争時代はお金が無い、食べる為、生きる為には、命懸けで節子を守ろうとする清太の気持ちが痛いほど分かります。😢😭

    + Expandir - Retirar
  • ジャックらん

    もし、「はい!明日から貴方は大人です!両親の助けもなく妹を育てながら生きなければなりません!頑張って!」って放り出されたらこうなる・・・ 周りの大人を頼る子供に成りきれない、自身の事など二の次で妹を育てる為に生きてる為に形振り構わず働いたりする兄・・・結局どちらにも成りきれなかった中途半端な清太・・・責めるべきモノを求めるとするなら大人になる事を早めた戦争って現実なんでしょうね・・・清太を責める事も叔母を責める事もできないのですから。

    + Expandir - Retirar
  • 浜松ギョーザ

    冒頭シーンの、英語訳 「おっと、きたねえやっちゃな」 DAMN TRAMPS.

    + Expandir - Retirar
  • ぷりっつ民ぷりっつ民大魔王

    もう二度と放送されんのか 戦争の残酷差苦しさを知るアニメ 人々に知りは立ってほしい これからもいつまでも

    + Expandir - Retirar
  • richardo yoshikawa

    「清太がしっかりしてれば二人とも死ななかった」 ミスター後知恵かよwww ほんとにこんなん言う人いるの‥?

    + Expandir - Retirar
  • Tet Tet

    いかに生きるかによって得られたものが大事だと、死はその過程の結末だから。なのかな。。。

    + Expandir - Retirar
  • よしくん

    隣組から離れ、口うるさい叔母から離れ、わがままを通して孤立すると負の連鎖が始まるという教訓ですね。現代でも同じことが言えます。 人とのつながりを大切にしたり、嫌なことにも我慢することも必要なのです、生きるためには。

    + Expandir - Retirar
  • POME POME

    アニメ版の火垂るの墓しか見てない人にはぜひTVドラマスペシャル版の火垂るの墓も見て欲しい。 松嶋菜々子さん演じる「おばさん側」の視点から描かれているストーリーです。 ひとつの物語を誰目線で見るか、それぞれの登場人物にどんな人生ストーリーがあるのか、両方を見てとても深く考えさせられました。

    + Expandir - Retirar
  • Williams Brothers

    人間社会の歴史に存在する、全体主義(戦争など)や現代の個人主義(引きこもりやニートなど)の危険性を表現した作品ではないでしょうか? In addition in English is how to usefully🍉and🍬can so much greatest movie in the world.👍

    + Expandir - Retirar
  • I M

    清太はクズニートのくせにプライドだけは一丁前に高い。節子はこんな兄を持って不幸だったな。

    + Expandir - Retirar